為替相場に乗って利益を増やす




通貨を銘柄にしているFX取引で、利益を得るために最も要になるのは、やはり為替相場の変動になります。
為替相場にはいろいろな状態、表情のようなものがあり、その代表的なものがトレンド相場と呼ばれるものになります。
トレンド相場とは、為替相場の動きであるレートの変動が、上昇方向であれば上昇方向へ、下降方向であれば下降方向へと、細かな値動きの上下動を繰り返しながら、大きなうねりのような流れになって一方向へと強く進んでいく相場になります。

このトレンド相場では同じ方向に次々と通貨の価格が更新されていく為に、利益の上げやすい相場として知られており、実際にFXで利益を上げるためには、こうしたトレンドが出た相場をいかに効果的に掴まえるかという事が必要になってくるのです。

例えば1ドル100円という為替相場があったとして、ここにドルの価値が上がっていく上昇トレンドの相場が現れたとしましょう。
このトレンドはまだ起り始めたばかりで、この先もまだまだ伸びそうな気配があるために、1万ドル分の通貨を100万円で買っておくことにしました。

為替レートは好調に変動し、1ドル110円になり10万の利益が出ました。
しかし、まだまだトレンドは続きそうであるために、そこで決済をせずにそのまま通貨を持ち続け、最終的には1ドル130円にまでドルの値上がりが続き、1万ドルの価値は130万円まで上がったので、差し引きで30万円の利益を得ることができました。

これがトレンド相場でのもっともシンプルな利益を得る方法になります。
しかし、これに「利乗せ」という取引手法を加えると、同じトレンドの中で60万円の利益を得ることもできるのです。

先ほどと同じように、1ドル100円で1万ドルを100万円で買っておきます。
しばらくすると1ドルが110円になってここからトレンド相場が始まっていくわけですが、利乗せの手法では、ここでさらに取引している通貨数を増やしていくのです。

1ドルが110円になった時点でさらに1万ドルを追加し、その後に1ドルが120円になると、1ドル100円の時に買った1万ドルには20万の利益が生まれ、1ドルが110円の時に買った1万ドルには10万円の利益が生まれることになります。
ここでさらに1ドル120円のドルを1万ドル分の買い増ししておくことにします。

トレンド相場が進み、ついに1ドル130円になりました。
この時点で、1ドル100円で買った1万ドルには30万の利益が、1ドル110円の時に買った1万ドルには20万円の利益が、1ドル120円の時に買った1万ドルには10万円の利益が付くために、合計で60万円の利益を得ることができる、という事になるのです。

このように、トレンド相場で効果的に利乗せを使っていけば、一回のトレンド相場でより大きな利益を掴むことができるようになります。

トレンド相場では圧倒的加速力で利益を上げることができる利乗せですが、通貨を買い増ししているために、万が一、トレンドが急反転する場合は、その買い増しした通貨の全てが損失の方向へ動きはじめるので、その点は注意が必要になりますので、利乗せを行う時は、トレンド相場のターニングポイントを見逃さないように、為替レートの動きを観察しておく必要があるでしょう。

利乗せを成功させる秘訣は、トレンドの発生をいち早く捕まえる事と、トレンドの転換期で素早く引き上げる、という事になります。

トレンドを掴まえてもそれが終わりに近ければ、利乗せをしてもすぐに転換期が来て損失が大きくなるでしょうし、トレンドの転換期がきても、まだ伸びるかもしれないと思っていて通貨を保持していれば、大きな損失になってしまう可能性があるからです。

トレンドを素早く捕まえるためには、為替レートの動きを読み解いていく「テクニカル分析」などを使用して、その発生ポイントを予測することで、その可能性を高めることができます。
また、転換期が来た場合は躊躇うことなく、最初の損失が出た時点で全ての通貨を決済してしまうのが良いでしょう。